|杉並区|内科|小児科|耳鼻咽喉科|泌尿器科|皮膚科|整形外科|

内科は土日祝も診療 ご予約・お問い合わせ03-5929-1611

文字のサイズ
小
中
大
施設案内
 
  1. 杉並堀ノ内クリニック
  2. 施設案内
 

施設案内

当院の施設案内及び、実施可能な検査のご紹介

施設のご案内

入口・受付窓口・待合室

当院の前にある看板が目印となります。受付では明るく丁寧な対応を スタッフ全員でこころがけております。小児科をご受診の方は、専用の待合室にてお待ち頂けます。

クリニック外観 受付

待合室 小児科


内視鏡室

胃・大腸内視鏡検査、膀胱鏡検査を行います。

 


リハビリテーション室

機器を使った物理療法だけではなく、理学療法士が直接触れる治療を中心に行っています。



 

検査案内

胃内視鏡

胃内視鏡

 「胃カメラ」ともいわれています。内視鏡を鼻もしくは口から 胃の中に入れて、先端についている超小型カメラで胃の中 の様子を直接モニター画面に映し出して観察します。 食道、胃、十二指腸の粘膜を観察し、胃炎などの炎症、 潰瘍、胃がんなどの腫瘍の診断などのために行います。

 当院では経鼻からの胃内視鏡検査〈経鼻内視鏡検査〉が 可能です。鼻から挿入する胃カメラは、従来の口からの胃カメラと違い 嘔吐感を与えず、ほとんど苦痛を感じさせません。


経鼻内視鏡検査のメリット

通常、口からの場合、スコープが 舌の根元(舌根)に触れることで、 咽頭反射(嘔吐感)が起こりますが、 鼻からの挿入では舌根に触れる ことがありませんので、嘔吐感が少なく、楽に検査ができます。

鼻への麻酔も微量で、身体への負担が 軽減されます。局所麻酔ですので、 麻酔 事故のリスクが少なく、また眠くなりません。 また、検査中医師と同じ画面を見ながら会話することもできます。


大腸内視鏡

大腸がん

 大腸がんは発生してから大きな腫瘤に進行するのに数年はかかり、早期に発見できれば完全治癒 の可能性が大きくなります。 腹痛や、便通異常、出血のような症状がある場合は積極的に大腸がん検診を受けることにより早期発見につながります。 また自覚症がない場合でも定期的な検診をする事により大腸がんを早期発見する事ができます。 大腸がんを発見するための検査には「便潜血検査」「直腸指診」「注腸バリウム検査」「大腸内視鏡 検査」などがあります。この内、大腸ポリープ、早期大腸がんを発見する為には、大腸内視鏡検査 がもっとも有効な検査方法で治療も可能です。 当院では、内視鏡専門医による、大腸内視鏡検査を施行しております。今まで大腸検査にためらい や抵抗感のあった方も、お気軽にご相談下さい。

大腸ポリペクトミー

また、ポリープが見つかった場合は患者様の 同意が得られれば同時に切除可能です(大腸ポリペクトミー)。 大腸には痛覚がないため、自覚症状が出たときは、進行したがんのケースがほとんどです。 そのため早期発見には定期的な検診が必要不可欠になります。定期的に検診を受けるように心がけ ましょう。


超音波検査

超音波検査

腹部超音波検査は、腹部の断面をリアルタイムでディスプレイに表示します。からだの外側から肝臓、腎臓、膵臓、 胆のうなどを種々の方向から観察できます。 肝がん、脂肪肝、ポリープや結石ができていないかや、 腎臓がんや結石などの検査に使用されます。

心臓超音波検査は、非常に周波数の高い超音波を用い、得られた断層面の 画像によって、心臓の形や動きを観察する検査法です。 検査時間は20~30分で、虚血性心疾患の診断に有用 です。

頸動脈超音波検査は、首(頚部)をながれ脳に通じる頚動脈や椎骨動脈は、心臓から送り出された血液が脳に向かうときに通る大切な血管です。 動脈硬化などで頚動脈が狭くなったり、詰まったりすると脳梗塞の原因になります。脳に血液を送り込む血管であるため脳梗塞予備軍や脳梗塞をおこした人の予後を知る上で病態を知る手がかりになります。

● 心臓超音波検査…毎週木曜日午後

● 頸動脈超音波検査…第2水曜日


レントゲン検査

レントゲン検査

 レントゲンとは、X線検査の事であり、いくつかの 病気が疑われる時に、その原因を特定する為に用い られる一般的な画像検査です。 肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫など肺の 病気の他、心臓肥大、大動脈瘤、甲状腺の異常など も発見可能です。 その他にも、手の骨をレントゲン撮影し、コンピュ ータで処理し、骨密度を測定などにも用いられます。


心電図検査

心電図検査

 心電図は心臓病の早期発見や心臓病の診断に使われます。心臓の リズム、心拍数、心房負荷や心室肥大の有無、心筋梗塞、 狭心症、心膜炎、不整脈などの診断に有用です。

ホルター心電図は 虚血性心疾患の場合には、上記負荷心電図でも異常の 表れないものがあります。携帯用心電図計を24時間 携帯して、持続的に心電図に記録し、同時に生活行動を 細かく記録して、それを後日、照合してコンピューター で解析し診断します。


膀胱鏡検査

膀胱鏡検査

内視鏡で膀胱あるいは尿道の中を観察する検査です。 超音波検査やレントゲン検査では見つけることができない、非常に小さい病変でも見つけることができます。 膀胱がんに対する最も重要な検査です。その他にも膀胱結石や尿道狭窄等の診断に用いられます。


尿流測定器

尿流量測定装置に向かって排尿することにより、尿の勢い・排尿量・排尿時間などを測定します(写真)。また、この検査の後に超音波検査または導尿を行って残尿を測定することにより、より多くの情報が得られます。 前立腺肥大症や神経因性膀胱などの排尿あるいは蓄尿障害をきたす疾患の診断に用いられます。


動脈硬化測定検査(PWV)

動脈硬化測定検査(PWV)

動脈硬化測定検査 動脈硬化とは、動脈の内腔にコレステロールやカルシウムが沈着し、動脈壁の一部が硬くなったり、 狭くなって、血液が通りにくくなるものです。「動脈硬化」が原因で大変な病気につながる場合があります。 「脳血管疾患」「心疾患」に代表される脳出血 ( くも膜下出血 )・心筋梗塞・脳梗塞・閉塞性動脈硬化症・狭心症などの病気の原因となります。

■このような方は危険です ・喫煙されている方・肥満の方・高脂血症の方・冷感・しびれ感のある方・高血圧の方。

測定時間は約5分間で、血圧を測るのと同じくらい気軽に検査を受けられます。 両手・両足首の4箇所の血圧を 同時に測定するだけなので、ほとんど痛みはありません。動脈硬化の進展には食生活や運動不足などの生活習慣が大きく関連しています。大変な病気にかからないためには早期発見が重要です。当院医師までご相談下さい。


簡易睡眠時無呼吸検査

簡易睡眠時無呼吸検査 は日中の過眠などの症候を伴う「睡眠時無呼吸症候群」について、簡易な機械を用いて睡眠時の呼吸パターン、いびき、経皮的動脈血酸素飽和度(SpO2)を測定する検査です。


骨塩定量検査( 超音波法 )

骨塩定量検査( 超音波法 ) 骨粗鬆症の診断や治療効果の判定に用いられます。  骨粗鬆症とは、骨がスカスカになり骨折しやすくなる病気です。また、骨折が原因で日常生活行動(ADL)の低下、さらには寝たきりになってしまうことが大きな問題となっています。


アレルギー迅速検査

当院では、検査から約20分で結果の分かるアレルギー検査(ImmunoCAP Rapid)が実施可能です。 アレルギーを起こす物質(アレルゲン)には、ある季節にしか現れないものと、一年を通じてふれる可能性があるものがあります。その特徴や対策の方法はアレルゲンごとに違いますので、何が原因で症 状が起こるのかを知ることが大切です。 このアレルギー迅速検査により、原因を特定し、対策をすることで投薬とあわせてより高い治療効果が期待できます。検査は、指先から採血を行い、約20分で結果がでます。
  • めぐみ会の在宅医療

はじめて受診される方へ

所在地・ご連絡先

〒166-0013
杉並区堀ノ内2-29-14 ライオンズマンション新高円寺1F
TEL 03-5929-1611
FAX 03-5929-1612

詳しくはこちら

  • 小児科ブログ
  • スタッフ募集
  • 林医師日記
  • 在宅医療